おやつにもおすすめのCLR BAR (クリアバー)

皆さんはおやつや間食についてどのようなイメージをお持ちですか?
「間食すると太る」という悪いイメージがある方が大半ではないでしょうか。
しかし、間食も食べ方や選ぶものに気を付けることで、むしろ体にうれしい効果が期待できます。3時のおやつ

間食を取るメリット

間食には大きく分けて3つのメリットがあります。

1.夕食の食べ過ぎ予防

昼食と夕食の間隔は長く空くことが多くなります。
その間何も食べないと、空腹のために夕食の量が増えてしまいがちになります。
また、量だけではなく、より太りやすいものを食べがちになると言われています。
お腹が空いていて体がエネルギーを求めている状態では、エネルギーにしやすい糖質を求めてしまう傾向が強くなるのです。
間食をとることで、過度な空腹状態で夕食を迎えることが減り、夕食の量を減らすことができるのです。

2.栄養バランスの偏りを整える

時間が取れずに食事を軽くしてしまったり、いつも同じものを食べていたりすると、しっかりと食事をとっているつもりでも栄養素が不足することがあります。

とりたい栄養素を意識して間食を選ぶことで、不足している栄養素を補うことができます。

3.ストレス解消

間食をしない、甘いものを食べないというストイックな食生活を送っていると、どうしてもストレスがたまってしまいます。
そのストレスが原因で暴飲暴食に走ってしまうと、本末転倒です。

普段から適度に間食することで、ストレスをコントロールすることができます。CLR BARイメージ

間食のメリットを活かすポイント

好きな時に好きなものを好きなだけ食べてしまっては、体にうれしい効果を期待することはできません。
効果的な間食をするには、食べるタイミングや食べるものなどいくつかのポイントを意識する必要があります。

間食のタイミングは14時から16時

一度にたくさんの食事を食べると、血糖値が急激に上昇します。

血糖値が急上昇することの問題の1つに、血糖値の急降下を招くことがあります。

血糖値が急激に下がると強い空腹感を感じてしまうため、食べる量が増える危険性があります。
食後2時間経過すると血糖値はほぼ正常に戻るため、間食をしても血糖値が急激に上昇することがありません。

またこの時間帯は、脂肪を蓄積する働きのあるビーマルワンというタンパク質が少なくなり、体に脂肪を貯めこみにくくなります。

つまり、間食をしても太りにくい時間帯が14時から16時なのです。

間食でとりたい栄養素の1つはタンパク質

痩せ願望や朝の欠食により、タンパク質が不足している女性が増えているといわれています。
間食でタンパク質を補、栄養バランスを整えることができます。
また、タンパク質には腹もちを良くするという大きなメリットがあります。
過度な空腹状態で夕食を迎えることが減ると、自然に夕食の量が減り、1日の摂取カロリーが増えにくくなります。

目安は1日200キロカロリー

間食であればどれだけでも食べていいというわけではありません。

間食のタイミングや食べるものを意識していても、食べ過ぎは太る原因になります。
目安として、間食は1日に200キロカロリーに抑えるべきです。
200キロカロリーまでであれば、夕食の食べ過ぎを防ぐ間食の効果により、1日の総摂取カロリーを抑えることができます。CLR BAR (クリアバー)

間食としてのCLR BAR (クリアバー)

間食には意識するべきポイントがいくつかありましたが、それらを満たすのがCLR BAR (クリアバー)です。CLR BARは、タンパク質を含んでいるため腹もちがよく、夕食の食べ過ぎを防止してくれます。

また、不足しがちなタンパク質やナッツ由来のビタミン、ミネラルなどを補うことができます。1本あたり200キロカロリー以下なので、摂取カロリーが多すぎる心配もありません。

もちろん朝食や運動前後の栄養補給として活用していただけるCLR BARですが、おやつや間食としてもおすすめできます。

間食としてCLR BARを上手に活用していきませんか?

おやつとしてもおすすめのCLR BAR (クリアバー)のご注文は↓から。

CLR BAR

Related Blogs

プロテインバー
エンドウ豆(ピープロテイン)